テーマ:雑記

「逃げるは恥だが役に立つ」の続編について

 2016年に大ヒットして一世を風靡したのTBSのテレビドラマで「逃げるは恥だが役に立つ」、この続編が来年早々にスペシャルドラマとして放送されるそうです。普段ドラマなど殆ど見ない私でも一応見ていたぐらいですので、確かに大評判を取った事も理解できます。このスペシャルドラマも多分かなりの視聴率を取るでしょう。  それはそれでいいのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不言実行」と「有言実行」

 私の価値観では、絶対に「不言実行」が尊く、「有言実行」等と称する概念は唾棄すべきだと考えておりますが、どうも世間ではそうではなさそうです。大体、「不言実行」がまずあって、それに対抗する言葉として「有言実行」なる言葉が出来た訳ですが、つまらぬビジネス本やその手のWeb記事では、「きちんと目標を宣言して事を起こす有言実行の方が不言実行より…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤用されている「世界観」

 私はかつて「旧劇場版新世紀エヴァンゲリオン」の続編物語を書き、「二つのコスモス」と銘打ってWebで公開していた事がありました。原作が元々ややこしい物語だったため、物語の設定には矛盾を生じないよう、最後までプロットをきっちり決めてから書き始めたので、幸いにして大きな矛盾や伏線の回収忘れもなく、完結させる事ができまして、書き終えたことにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夫の扶養からぬけだしたい」の本質は「大人としての覚悟の欠落」である。

 最近Webを見て回りますと、「夫の扶養からぬけだしたい」と言う漫画の広告がやたらと目に付く状態が起こっています。この話は、「専業主婦のももこが夫のつとむから受ける仕打ちに耐えかねて自立を決意し、扶養から抜ける201万の年収を目指し、結果としてそれを達成して夫に離婚を突き付け、精神的復讐を果たす」と言う内容なのですが、Webで感想を見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「老後2000万円の赤字」とは?

 「老後2000万円の赤字」と言う言葉だけが独り歩きし、腐り切ったマスコミや野党がここぞとばかりに安倍政権に攻撃を仕掛けようとしています。  普通に考えれば、年金だけで「充分に豊かな生活」が出来るとは誰も思ってはいないと考えますが、「2000万」と言う数字ばかりが強調され、具体的な中身はまるで論じられておりません。「年金制度は破綻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私がGoogle AdSenseを止めた理由

 私も例に漏れず、小遣い稼ぎを目論見、20年以上前からGoogleの広告を自分のサイトに表示していました。しかし長い間サイトを放置していた事もあり、アクセスも殆どなくなっていたので、広告を外し、放置を続けていました。  それが何をトチ狂ったのか、また急にサイトを復活し、有料の占い相談も受ける事にしたので、Google AdSens…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more