私が山下達郎氏を嫌いになった理由と、竹内まりやさんの「駅」。

 実は私、今から38年ぐらい前の頃、山下達郎氏の大ファンでした。無論大滝詠一氏も好きで、両氏のLPを買いまくってはテープに録音し、カーステレオで良く聞いていたものです。

 そんな山下達郎ファンが何故山下氏を嫌いになったのか。理由は、竹内まりやさんの「駅」です。

 話は前後します。少し前の事になりますが、ネット上で、「竹内まりやの『駅』の歌詞の最後の部分、『私だけ愛してた事を』の意味は、『私だけが』の意味か、『私だけを』の意味か」についてちょっとした論争になった事がありました。全体的な傾向として「を」派が「が」派よりも優勢だったと思います。

 これに関しては、私は完全な「が」派です。理由は簡単でして、「駅」の歌詞の初めの方に「昔愛してたあの人なのね」と言うくだりがあります。そして歌詞の後の方に「私だけ愛してた事も」が出て来る訳ですから、この歌詞の対比を考えると、「私は昔あの人を愛していた。しかしそれは私だけが愛していただけだった」となるのが当然であり、他の意味になる余地はありません。これは歌詞の解釈云々の問題ではなく、単純な国語の問題です。ここで「私だけを」の意味と考えると、「昔愛してた」の意味が格段に薄くなってしまいます。冒頭にネタ振りを行って最後に落ちを付けて締める意味でも、ここは「私だけが」でないと締りがなくなってしまいます。

 ところが、竹内まりやさんはどう言うつもりで書いていたのかと言う事になりますと、これは話が別です。竹内さんは「私だけを」の意味で書いたと明言しておられますし、そもそもここの部分は現在の歌詞になる前は「私を愛していた事も」と言うような文言で、「私を」と明言されていたそうです。

 これに関しては、以前にネットで読みましたが、中森明菜さんの新曲として「駅」が出る事が、中森さんのファンクラブの会報に書かれていて、そこに「私を云々」と書いてあったのだそうです。その記事は、現在は検索しても出て来なくなっていまして、ここにURLを明示出来ないのは申し訳ありませんが、私としては確かにそれを見たと申し上げておきます。

 竹内さんがこう明言している以上、私としてはこれ以上何も言う事はないのですが、私の意見は前述した通りでして、ここは前の部分との対比で「私だけが」とした方が、歌詞全体が引き締まるのは間違いないと考えます。この部分を「私だけを」とすると、「何と自意識過剰な女だ」と、正直、私としてはドン引きしてしまいますね。

 さて、これが元のまま「私を」と明言されていたままならこのような問題は発生しなかったのですが、この部分が「私だけ愛してた事も」と変わってしまい、「私だけが」の意味に取れる余地が発生してしまったため、話がややこしくなってしまいました。中森明菜さんはこれを「私だけが」の意味を込めたとしか思えない歌い方で歌ったようです。

 これに激怒したのが山下達郎氏です。「中森明菜」と名指しまではしなかったのですが、「余りにも酷い解釈」と思い、竹内さんにセルフカバーを勧めたそうです(この経緯は竹内さんのアルバム「Impresssons」の「駅」のライナーノートにて、プロデューサーである山下氏が「あるアイドルシンガーの解釈のひどさ云々」として書いておられます)。

 で、ここまで書きまして、やっと「私が山下達郎氏を嫌いになった理由」に辿り着きます。その理由も簡単で、「何と大人げない。山下達郎の狭量ぶりには虫酸が走る」と思ったからです。

 そもそも、「『私だけを』としか解釈してはならない」と言いたいのなら、歌詞を曖昧にした事が悪いのであり、「私だけを」と明示しておくべきです。譜割りの関係で「私だけ愛してた事も」とせざるを得ないと言うかも知れませんが、それもナンセンスであり、「わたしーだけー、あいしーてーたーこーとーもー」と歌わずに、「わたしだーけを、あいしーてーたーこーとーもー」と歌えば良いだけであり、言い訳にはなりません。

 余談ですが、松任谷由実さんの「春よ、来い」にも歌詞の譜割りの中途半端さがあります。「春よ、遠き春よ」とあるかと思えば、「春よ、まだ見ぬ春」ともあり、脚韻が統一されていません。私なら「春よ、まだき春よ」とするか、「はーるよー、まーだーみーぬーはるー」でなく、「はーるよー、まだみーぬーはーるよー」にして、脚韻は統一します。蛇足ながら、「駅」の中で使われている人称にも統一性の欠如が見られます。この歌にはこの女性自身と相手の男性しか出て来ないのに、相手の男性を「あなた」と言ったり「彼」と言ったり「あの人」と言ったり、統一性がありません。この歌なら「あなた」で統一するように文字数を調整すべきでしょう。どうも音楽家の方々は、こう言う細かい部分がぞんざいだとしか思えないですね。

 で、話を戻しますが、「中森明菜の解釈云々」で口汚く中森さんを罵る割には、歌詞全体の統一感を蔑ろにした「私だけを」については何も言わない山下氏を、私は徹底的に嫌いになりました。それ以降は一切山下氏の音楽にも竹内さんの音楽にも金は投じておりません。無論、この考えを他者に押し付ける気は全くありませんが、私はそう思った、と言う事を書いておきたくなったので書かせて戴きました。



Impressions [ 竹内まりや ]
楽天ブックス
竹内まりやインプレツシヨンズ タケウチマリヤ 発売日:1999年06月02日 予約締切日:1999年


楽天市場




中森明菜 / クリムゾン(スペシャルプライス盤) [CD]
ぐるぐる王国FS 楽天市場店
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発売日2014/1/29中森明菜


楽天市場

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック